インプラントの種類Type of implant

インプラント体の種類

インプラント治療に使われるインプラント体には、さまざまな種類があります。そのすべてを試した上で、患者さまに最適のインプラント体をご提案しています。

インプラント体の種類

インプラント治療を成功させるためには、患者さま一人ひとりのお口の環境や骨の状態に合わせた、オーダーメイドの治療をすることが大切です。

インプラント体を製造しているメーカーは世界中にたくさんあります。そこで製造されているインプラント体は合計100種類以上にも及び、 それぞれ構造や材質に細かい違いがあります。当院では、日本で入手できるインプラント体を数多く試しています。 各インプラント体の特長を把握した上で、それぞれの患者さまに最適のインプラント体をご提案しています。

オステムTSⅢA

オステムTSⅢA

近年、日本でも広く使われるようになってきたインプラント体です。後発メーカーのため、ほかのインプラント体の優れた部分を取り入れた構造となっています。 そのため、幅広い症例で利用でき、価格を抑えられたという利点があります。

バイオホライズン・レーザーロック

バイオホライズン・レーザーロック

独自の特許技術によって、歯肉(粘膜)との結合力を高めたインプラントです。独自技術の開発までには、多数の動物実験や臨床実験が行われているので、 安全性も高くなっています。歯肉との結合により、細菌侵入を防ぎ、歯周病などにも効果があります。

ジマー(カルシテック スプライン)

ジマー(カルシテック スプライン)

インプラント体の表面に、ハイドロキシアパタイトをコーティングしています。ハイドロキシアパタイトは骨と同じ生体材料なので、あごの骨とより強固に結合します。

骨が柔らかい方、骨粗しょう症の方に向いています。抜歯即時(抜歯と同時に入れる)に多く使用されています。

ノーベル(アクティブ・スピーディ)

ノーベル(アクティブ・スピーディ)

ノーベル社は、世界で最初にネジタイプのインプラント体を開発したメーカーです。数多くの実績があり、信頼性も高くなっています。 即時荷重(すぐに土台と仮歯が入る)に多く使用され、最も進化したインプラントです。

ノーベルアクティブは先端がするどい刃物状のドリルになっているので、小さいに穴にでも簡単に挿入できます。 そのため、骨を削る量も最小限で済みます。

入れ歯(義歯)タイプのインプラント

インプラントデンチャー(義歯)は、インプラント体に特殊なパーツを取りつけ、そこに入れ歯をはめ込んで固定する治療です。 通常のインプラントと違って、入れ歯を自分で取り外せるのが大きな特長です。

入れ歯(義歯)タイプのインプラント

通常の入れ歯は、義歯の土台部分を粘膜に密着させることで支えられています。そのため、強い力をかけると簡単にずれてしまいます。 また、ものを噛む力も、天然の歯の半分以下となってしまいます。

その入れ歯を、インプラント体によって固定するようにしたのがインプラントデンチャー(義歯)です。 通常の入れ歯よりもしっかりと固定できるので、どんなものでもよく噛めるようになります。

既存の入れ歯を利用できる

既存の入れ歯を利用できる

インプラントデンチャーの構造は、とてもシンプルです。あごの骨に何本かのインプラント体を埋め込み、その頭部にアタッチメントと呼ばれるパーツを取りつけます。 入れ歯にもアタッチメントと対応するパーツを埋め込んで、互いにはめ込むことで入れ歯を固定します。

インプラントデンチャーの大きな特長は、入れ歯の取り外しが自由にできることです。外してお手入れすることができるので、 クリーニングしやすいという利点があります。また、今まで使っていた入れ歯をインプラントデンチャーに利用できることもあります。

義歯の本数を増やしたいときにも、新たにインプラント手術をする必要がありません。入れ歯を修理することで対応できます。

インプラントデンチャー(義歯)
のメリット
インプラントデンチャー(義歯)
のデメリット
  • 通常の入れ歯より噛む力が大きく、何でもよく噛めるようになる
  • 構造がシンプルなので、修理・補修がしやすい
  • 最少2~4本のインプラントで支えられるので、治療費が抑えられる
  • 自由に取り外せるので、クリーニングがしやすい
  • 入れ歯にかかる力が大きくなるので、入れ歯が消耗しやすい
  • 入れ歯を装着したときの違和感が残る
  • あごの骨量や骨質によって、適応できない場合がある
  • 通常の入れ歯に比べると、治療費が高額になる

さまざまなインプラントデンチャー

インプラントデンチャーは、埋め込んだインプラント体と入れ歯の両方にアタッチメントと呼ばれるパーツを取りつけ、互いにはめ込むことで装着します。 アタッチメントにはさまざまなタイプがありますが、患者さまのお口の状況などを考慮して、最適なものをご提案しています。

マグネットアタッチメント

マグネットアタッチメント

磁力によって入れ歯を支えるタイプです。まずインプラント体の頭部に、キーパーと呼ばれる金属パーツを取りつけます。 入れ歯には強力な磁石を取りつけて、磁力で固定できるようにします。

マグネットアタッチメントは、上あごの治療によく使われています。上あごの骨は下あごに比べると弱いので、入れ歯に無理な力が加わるとインプラント体が抜けてしまうことがあります。マグネット式なら無理な力がかかったときに入れ歯が外れるので、インプラント体に負担をかけることがありません。

ボールアタッチメント

ボールアタッチメント

インプラント体の頭部に、丸いポール状のパーツを取りつけます。入れ歯側にはポール部分をはめ込めるようになった金具を取りつけ、 インプラントと連結させることで固定します。

マグネットアタッチメントよりも固定する力が強いので、噛む力も強くなります。しかし、入れ歯に無理な力がかかったときには、 それがインプラント体にダイレクトに伝わってしまうので、インプラント体が壊れて抜けてしまうといったことも起こります。

ロケーターアタッチメント(※最近の入れ歯タイプの主流)

ロケーターアタッチメント(※最近の入れ歯タイプの主流)

インプラント体の頭部に樹脂製のパーツを取りつけます。入れ歯側にも対応するパーツを取りつけ、連結させることで固定します。

樹脂のパーツには柔軟性があるので、入れ歯に無理な力がかかったときにも、インプラント体に及ぶ衝撃が軽減できます。 そのためインプラント体を長持ちさせることができます。ただ、樹脂製のパーツは長年使っている間に摩耗していくので、定期的にパーツを交換する必要があります。

メディア掲載情報

  • 日経CNBC 時代のニューウェーブ 「信頼される医院を目指して」にて取り上 げられました。

  • 2016年2月28日~放送~
    親知らず専門医として全国放送のBS11ウィークリーニュースONZEにてインタビューを受けました!!

東京 江東医院

03-3685-1444(直通)

都営新宿線 西大島駅徒歩3分

JR総武線 亀戸駅徒歩7分

月~金:10:00~15:00 / 16:00~19:00
土曜:10:00~13:00 / 14:30~18:00
日曜・祝日 休診


神奈川 藤沢医院

0466-37-3090(直通)

JR線・小田急線・江ノ島電鉄
『藤沢駅』 北口より 神奈中バスで13分

月~土:10:00~20:00(日曜18:00まで)
年中無休


back to top