インプラント成功のためにSuccess

大切なのは噛み合わせなどの原因を分析 

インプラントを長持ちさせるために

インプラントを長く使うためには、噛み合わせの調整が大切です。噛み合わせが悪いと、かぶせたもの (上部構造)に負担がかかり、インプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

インプラントを長持ちさせるために

インプラントは、何らかの原因で歯がなくなってしまったところに歯を入れる治療です。 歯がなくなってしまう原因には、事故や病気などさまざまなことがありますが、その大きな要因のひとつは歯周病です。

歯周病は、細菌の感染によるだけでなく、噛み合わせの悪さからも引き起こされます。 噛み合わせが悪いと一部の歯に無理な力がかかり、歯の根が痛んで歯周病になってしまうのです。

インプラントと噛み合わせの関係

噛み合わせの悪さから歯周病になってしまった場合、患部をクリーニングして除菌しただけでは、すぐにまた歯周病にかかってしまいます。 これは、歯周病が悪化して歯が抜けてしまったあとにインプラント治療を受けるときも同じです。

元の歯と同じようにインプラントのかぶせものを入れたのでは、噛み合わせが悪いままになってしまいます。 するとインプラントのかぶせものに無理な力がかかって、インプラント歯周炎が引き起こされ、最悪の場合はせっかく埋め込んだインプラントが抜けてしまいます。

そのため、インプラント治療を行う際にも、まず噛み合わせをチェックして整えることが重要となるのです。これが、インプラント治療を長持ちさせるための秘訣です。

うまく噛み合わない原因を取り除いてしっかり噛めるように調整

うまく噛み合わない原因を取り除いてしっかり噛めるように調整

当院でインプラントと歯を作る際には、必ず噛み合わせのチェックを行います。インプラント治療を行う部分の噛み合わせが悪いときには、 歯のサイズや形態を調整する、アバットメント(土台)の角度を調整するといった対処で、噛み合わせを整えることができます。

しかし、あごの位置がずれているなど、お口の中全体の噛み合わせを整える必要があるときは、歯の調整だけでは不十分です。 噛み合わせの悪さを引き起こしている原因を突き止めて、全顎的な治療を行わなければなりません。

体の状態によって、噛み合わせは日々変化していきます。

インプラント治療を行った際に正しい噛み合わせとなるよう、当院ではお口の中を総合的に見てインプラント治療を行っております。

ナイトガード

ナイトガード

ナイトガードは、マウスピースを使った治療法です。寝るときに専用のマウスピースをつけることで、歯にかかる負担を軽減します。 すると、無理な力がかかって緊張していたあごや顔の筋肉が弛緩し、自然な噛み合わせの位置に戻すことができるのです。

ナイトガードの効果は1週間ほどで現れてきます。噛み合わせの位置が自然な状態に戻ったところで、まだ無理な力がかかっているようなら歯を削る、といったほかの治療を行います。

二度と繰り返さないように~歯を喪失した原因の分析と対応策

二度と繰り返さないように~歯を喪失した原因の分析と対応策

インプラントを入れる前に、自分の歯を失った原因の対策ができていなければ、異物であるインプラントを自分の歯よりも長期的に維持することはできません。す ぐに局所的なインプラントばかりに目がいきますが、口腔全体を診て、根本的な原因に対しての対応が最重要だと考えています。

歯を喪失する原因

  • 噛み合せの悪さ
  • 歯周病菌による感染
  • のう胞、腫瘍
  • 外傷
  • 虫歯菌による感染
  • 悪習癖(歯ぎしり・くいしばり) など

歯を喪失する原因は1つではなく、複合的な原因により歯を喪失することが多いのです。インプラント長期維持には、これらを1つひとつ解決していかなければなりません。

インプラント歯周炎にならないために

歯周内科から始めるインプラント

歯周病は、インプラント治療に大きな影響を及ぼす病気です。当院では、インプラント治療を見据えた歯周病治療を行っています。

インプラント歯周炎にならないために 

歯周病は、ただ歯ぐきが腫れて出血するだけの病気ではありません。細菌感染によって歯を支える骨が溶かされてしまうため、進行すると歯がぐらつくようになり、 やがては歯が自然に抜けてしまいます。

インプラント治療を成功させるためには、あごの骨量や骨質が大きなポイントとなってきます。 そのため、歯周病にかかっていると、インプラント治療の成功率が格段に下がってしまいます。 歯周病治療をせずにインプラント治療を行うのは、地盤を整えずに家を建てるようなものなのです。

歯周病の自覚症状

歯周病の自覚症状

歯周病は、軽度のうちは痛みや腫れなどの自覚症状がほとんどありません。そのため知らない間に進行してしまうことがあります。下記の項目に心当たりがある方は、歯周病にかかっている可能性があります。

  • 歯に歯垢や歯石が溜まっている
  • 歯を磨くと、歯ぐきから出血する
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 食べ物が歯と歯の隙間によく挟まる
  • 冷たいものが歯にしみる
  • 歯ぐきが下がり、歯が長くなったように見える
  • 歯がぐらぐらする
  • 歯並びや噛み合わせが変わってきた
  • 朝起きたとき、口の中がねばねばする
  • 口臭が気になるようになった

感染リスクを配慮し、術前処置を徹底し、成功率を上げる

インプラントを長持ちさせインプラント歯周炎にならないように、成功率を上げるために、まずは歯周内科(薬で治す歯周病)・外科で歯周病の改善から始めます。

  • 歯周病の細菌感染がないか顕微鏡で確認し、必要があれば、抗生剤・シロップで術前に除菌します。(歯周内科)
  • 歯石取りではとれない歯石が歯肉に深く沈着している場合、細菌感染しないようにインプラント埋入前に歯周外科を行います。
  • 血液検査を依頼して行う場合もあります。
感染リスクを配慮し、術前処置を徹底し、成功率を上げる

体の内側から歯周病菌を減らして安全にインプラント治療ができる状態に

体の内側から歯周病菌を減らして安全にインプラント治療ができる状態に

当院では、インプラント治療にそなえた歯周病治療を行っています。ただし、インプラント治療のために無理に抜歯をおすすめすることはありません。

患者さまにとって、生まれ持った天然の歯は1本1本が大切なもの。患者さまが「残したい」と希望される限りは、固定などを行い、可能な限り天然の歯を残していきます。

歯周病の内科的治療

歯周病の治療には、まず歯周病を引き起こしている細菌の状態を調べることが大切です。当院では、位相差顕微鏡を使ってお口の中の細菌の状態をチェック。 患者さまのお口の中の環境に合わせた治療を行っています。

基本治療では、細菌の温床となっている歯垢や歯石を除去するため、スケーリングやブラッシングでお口の中をクリーニングします。 同時に、細菌を減らすための内服薬を処方することもあります。

歯周病の外科的治療

歯周病の外科的治療

当院では、内科的措置を中心に歯周病治療を行います。それでも症状が改善しない場合、あるいは症状がすでに進行している場合は外科的治療も行っています。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

麻酔をかけて、歯周ポケットの中についてしまった歯垢や歯石を除去する施術です。歯周ポケットの深さが3~5ミリ程度と、まだそれほど進行していない場合に行います。

フラップ手術

歯根の深い部分にまで歯垢や歯石がついてしまったときに行う手術です。歯肉を切開して歯を支えている骨から剥離させ、歯根部についた歯垢や歯石を落とします。そのあとは、細菌によってダメージを受けた部分を除去して、歯肉を縫い合わせます。

インプラント歯周炎

症状

インプラントの周囲の歯肉は腫れる・膿や血が出る・違和感がある。

症状

原因

  • 細菌感染
  • 咬合性外傷
  • フロス・セメントなどの異物
  • 人工骨

※残念ながら、まだはっきりと解明されていません

治療

  1. 歯肉剥離FOP¥15,000(税別)/本
  2. 人工骨追加GBP¥30,000(税別)/本
plus
  1. 歯周内科
  2. かみ合わせ調整
  3. 歯ぎしり防止装置

※それでも治癒しない場合はインプラント除去になります。
※治療法は①②③④⑤の組み合わせになります。

メディア掲載情報

  • 日経CNBC 時代のニューウェーブ 「信頼される医院を目指して」にて取り上 げられました。

  • 2016年2月28日~放送~
    親知らず専門医として全国放送のBS11ウィークリーニュースONZEにてインタビューを受けました!!

東京 江東医院

03-3685-1444(直通)

都営新宿線 西大島駅徒歩3分

JR総武線 亀戸駅徒歩7分

月~金:10:00~15:00 / 16:00~19:00
土曜:10:00~13:00 / 14:30~18:00
日曜・祝日 休診


神奈川 藤沢医院

0466-37-3090(直通)

JR線・小田急線・江ノ島電鉄
『藤沢駅』 北口より 神奈中バスで13分

月~土:10:00~20:00(日曜18:00まで)
年中無休


back to top