当院のインプラント治療についてImplant

治療の流れ

当院でインプラント治療を受けた場合の、全体の流れをご説明します。

インプラント治療については、まだよく知らないという方も多いかと思います。 インプラント治療にはさまざまな方法がありますが、その中でも一般的な2回法を例に、当院のインプラント治療の流れをご説明します。
※1回法は2次手術がありません。

  • 1:来院1回目 - 初診カウンセリング

    1:来院1回目-初診カウンセリング

    まずは、口腔内検査やレントゲン撮影などを行い、患者さまのお口の中の状態を調べます。そのデータを元におおまかな治療計画を立て、インプラント治療の流 れや注意点などをご説明します。時間は30分程度です。インプラント治療に関する疑問などがありましたら、遠慮なくお聞きください。

    arrow
  • 2:来院2回目 - 検査

    2:来院2回目-検査

    インプラント治療をより確実に行うため、CT撮影や、場合によっては血液検査を行います。インプラント体を埋め込む場所を決めるためのステントと呼ばれる装置を作り、お口の中にステントを入れた状態でレントゲン撮影とCT撮影を当院で行います。

    arrow
  • 3:来院3回目 - 治療計画の立案・見積書発行

    3:来院3回目-治療計画の立案・見積書発行

    レントゲン撮影やCT撮影のデータを元に最終的な治療方針を立てて、見積書を出して治療費なども含めたご説明をします。 そして手術前に歯垢や歯石の除去を行い、お口の中の細菌を減らします。
    また、同時に顕微鏡検査を行い、口腔内の細菌の状態をチェック。 インプラント治療で大きなネックとなる歯周病について、なりやすいタイプなのか、現在はどういう状態か、 今後の対策まで判定しています。

    arrow
  • 4:来院4回目 - インプラント埋入手術

    4:来院4回目-インプラント埋入手術

    手術前にお口の中の清掃を行います。その後、麻酔、血圧、脈拍、血中酵素飽和度測定をします。 麻酔には最新の電動注射器・笑気麻酔を使用し、痛みの少ない治療を行っております。 インプラント手術にかかる時間は、1ヵ所につき20分前後です。 特殊器具を使った手術や人工骨を使用する場合は、施術時間がもう少し長くなります。

    arrow
  • 5:来院5~8回目 - インプラント埋入手術後

    5:来院5~8回目-インプラント埋入手術後

    手術翌日には、消毒・洗浄を行います。1~2週間後に抜糸をし、 最初の1か月は1週間に一度、消毒とスケーリングを感染防止のために行います。 そのあとは1~2か月に一度くらいの頻度で術後の状態をチェックしていきます。

    arrow
  • 6 - 治癒期間

    埋め込んだインプラント体とあごの骨がしっかりと結合するまでの期間です。 通常は3~6か月で結合します。その間は、仮歯で生活していただきます。

    arrow
  • 7:来院9回目 - アバットメント装着手術(2次手術)

    7:来院9回目-アバットメント装着手術(2次手術)

    外科手術を行い、インプラント体に義歯を取りつけるためのアバットメントと呼ばれる部品を装着します。 インプラント体の頭を露出させるだけの、きわめて簡単な手術です。

    arrow
  • 8 - 治癒期間

    歯ぐきの傷がふさがるまでの期間です。通常は2~3週間かかります。

    arrow
  • 9:2次手術から約1か月後 - 型取り・上部構造の計画

    お口の中の型取りをして、インプラント体の上に取りつける義歯をどんな素材にするかを決めます。さらに噛み合わせや適合などをチェックしてから、最終的な決定をします。

    arrow
  • 10:2次手術から約1か月半後 - 上部構造の装着

    10:2次手術から約1か月半後-上部構造の装着

    完成した義歯をインプラントに取りつけます。噛み合わせなどのチェックをして、調整を行います。

    arrow
  • 11 - メンテナンスと定期検診

    治療終了後も3~6か月に1回くらいの頻度で定期検診を行い、噛み合わせの調整などメンテナンスを行います。

    arrow

定期メンテナンスについて

定期メンテナンスについて

インプラント治療で入れた義歯は、むし歯になることはありません。しかし、歯周病にかかってしまうことはあります。歯周病になると、 インプラント体を埋め込んだ部分の骨が影響を受け、最悪の場合はインプラント体が抜けてしまうこともあります。

定期メンテナンスを受けてクリーニングを行うことで、歯周病になるリスクは大幅に引き下げられます。 しっかりとメンテナンスを行っていれば、インプラント治療で入れた義歯は一生使えるものです。そのためにも、定期メンテナンスを受診されることをおすすめします。

カウンセリング

患者さまと一人ひとりとしっかり向き合い、最良の治療方法をご提案します

患者さまと一人ひとりとしっかり向き合い、最良の治療方法をご提案します

インプラント治療は、手術が必要になる上に、治療費も高額です。患者さまにとってもさまざまな面で負担がかかる治療ともいえます。 ですから、インプラント治療に対する不安や疑問も多いことでしょう。

当院では、患者さまの不安や疑問を少しでも軽減できるよう、インプラント治療前のカウンセリングを重視しています。 インプラント治療を成功させるためには、患者さま一人ひとりの状態に合わせたプランニングが必要です。 そのため、カウンセリングをとおしてしっかりと患者さまと向き合い、最善の治療をご提案しています。

歯科医師とカウンセラーが説明

当院でインプラント治療をご希望される患者さまには、初めに無料でCT撮影を行っています。その画像を見ながら、 どんなインプラント治療ができるのか、治 療のメリットだけでなくデメリットも含めて、すべてご説明しています。 CT画像を使った説明は、歯科医師が行っています。

また、ひとくちにインプラント治療といっても、さまざまな方法があります。インプラント自体のご紹介については、 専門のカウンセラーが行います。歯科医師には聞きづらいことなども、遠慮なくご相談ください。

インプラント治療を成功させるために

インプラント治療を成功させるために

インプラント治療は、決して手軽にできるものではありません。ですから、患者さまがすべて納得された上で治療を受けていただきたいと思っております。 カウンセリングでは、インプラント治療に対する当院の考え方もすべてご説明しています。

このホームページでも、インプラント治療に関する不安をなるべく解消できるように努めてはおりますが、新たな知識を得ると、さらに新たな疑問が湧いてくることもあるでしょう。

インプラント治療には、歯科医師だけでなく、患者さまのご協力も不可欠です。少しでも不安や疑問があると、決してよい治療はできません。 ぜひ、患者さまのお考えや不安などをカウンセリングでお聞かせください。

短い期間で治療

インプラント治療にかかる期間をできるだけ短くするため、当院では、抜歯すると同時にインプラント体を埋め込む抜歯即時インプラントを行っています。

短い期間で治療

インプラント治療の期間は、患者さまの骨の状態によっては半年以上にも及びます。 もちろんその間は仮歯を入れていますが、長期に及ぶ治療は患者さまにとっても大きな負担だと思います。

特に抜歯をしてからインプラント治療を行う場合、抜歯から2~3か月の期間を置いて、骨が安定するのを待ってからインプラントを埋め込む治療が一般的でした。 当院ではなるべく治療期間を短縮するために、抜歯と同時にインプラント体を埋め込む方法を採用しています。

抜歯即時インプラントのメリット

抜歯即時インプラントのメリット

抜歯してすぐにインプラント体を埋め込む治療を「抜歯即時インプラント」といいます。 抜歯をしてすぐは歯を支えていた骨が露出しているので、インプラント体を埋め込むために歯肉を切開する必要がありません。そのため出血や術後の腫れが少なくなります。

抜歯をしたあとに期間を置いてしまうと、歯がなくなってしまった部分の歯肉や骨は、次第に痩せて崩れてきます。 それを元の状態に戻すために、インプ ラント手術以外に歯肉の形成や骨移植、骨造成といった治療を行わなければならないケースもありました。 しかし抜歯即時インプラントでは、そのリスクを軽減 できます。

抜歯後は生体の治癒力が活発に働くため、傷口の治りも早くなります。また、手術当日に仮歯を入れられるので、歯の抜けた状態が気になるということもありません。

抜歯即時インプラントのメリット ドリルを使わないデメリット
  • 痛みや腫れが少ない
  • 手術回数が1回で済む
  • 傷口の回復が早い
  • 治療期間を短縮できる
  • ドリルで骨を削る量・時間が少ない
  • 歯肉の形態が維持しやすい
  • 骨移植や骨造成などの追加手術をする頻度が少ない
  • 高度な知識と技術が必要なので、どの歯科医院でもできるわけではない
  • 骨量や骨質などの状態により、どんな症例にでも適応できるわけではない
    (インプラントを固定できれば可能になります)

症例集

歯を一本失った場合

失った部分にインプラントを1本埋入しました。今までは、健全な両隣りの歯を削ったり、神経を抜くブリッジを用いて治療していました。
インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことができます。

歯を一本失った場合

歯を複数本失った場合

歯を複数本失った場合

従来は部分入れ歯を用いて治療を行っていました。
インプラントを何本か用いて治療を行います。 入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

その他の治療例

その他の治療例

レントゲン写真

レントゲン写真

歯を全部失った場合

歯を全部失った場合

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療しています。
この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。 インプラントで固定されるので、しっかり噛むことができます。

メディア掲載情報

  • 日経CNBC 時代のニューウェーブ 「信頼される医院を目指して」にて取り上 げられました。

  • 2016年2月28日~放送~
    親知らず専門医として全国放送のBS11ウィークリーニュースONZEにてインタビューを受けました!!

東京 江東医院

03-3685-1444(直通)

都営新宿線 西大島駅徒歩3分

JR総武線 亀戸駅徒歩7分

月~金:10:00~15:00 / 16:00~19:00
土曜:10:00~13:00 / 14:30~18:00
日曜・祝日 休診


神奈川 藤沢医院

0466-37-3090(直通)

JR線・小田急線・江ノ島電鉄
『藤沢駅』 北口より 神奈中バスで13分

月~土:10:00~20:00(日曜18:00まで)
年中無休


back to top